March 08, 2007

「矯正歯科治療の終わる時=セファロトレースの重ね合わせ3)」


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正の blog
カマクラデントフェイシャルオ−ソピディクス山本歯科・矯正
院長 : 矯正歯科認定専門医 : 山本一宏の ブログ 113)

きのうの blog では
ほぼ一年の治療期間でフィニッシュした
抜歯症例を upload しましたが
本日は特に難しい
骨格性上顎前突の成人症例です

「本日のディブレースー第三号」

骨格性上顎前突成人女性の治療前後のセファロとレース重ね合せ

トレースは初診時27歳女性の治療前後のセファロの重ね合わせ
上下左右第一小臼歯4本抜歯して矯正歯科治療をおこなった

なお充分な前歯の後退を可能とするため
整形装置=ヘッドギアで上アゴをホールド
SAS=インプラントは使用していない

初診時(青いライン)1cm あった上下の前歯のきょり =overjet が
矯正治療後(赤いライン)では理想的な 2mm に減少した
それに連動して上下口唇の著しい後退にも注意

成長が残されていない
骨格性不正咬合の成人患者さんの治療では
mandibular opening =
下アゴ下縁のラインが治療前後で一致していることが肝要

下手に治療をして口が開くように
下顎骨がうしろに開大してしまうと
オトガイがさらに後ろにさがって
横顔を悪くしてしまう

また成人で骨格性不正をもつ患者さんでは
顎関節・歯周組織にも配慮が必要とされる
(なお本症例は日本矯正歯科協会(JIO)第2回総会にて発表した

このような難症例でも
専門医の手にかかれば
2年1ヶ月の動的治療期間で
矯正歯科治療を
終了できる

ただし患者さんの
治療に対する全面的な協力が
条件となる


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正
カマクラデントフェイシャルオーソピディクス
鎌倉市小町1-5-21森ビル3F
call : 0467-22-6702
E-mail : dentfaco@air.linkclub.or.jp
URL : http://www.dentfaco.com
院長:歯科矯正専門医 山本一宏
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会認定医
日本矯正歯科協会(JIO)正会員
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定医
American Dental Association,
American Association of Orthodontists &
World Federation of Orthodontists, Member




Posted by dendroboim at 18:51:37 | from category: 本日のディブレース | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)