March 07, 2007

「矯正歯科治療が終わる時=その歯ならび 2)」


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正の blog
カマクラデントフェイシャルオ−ソピディクス山本歯科・矯正
院長 : 矯正歯科認定専門医 : 山本一宏の ブログ 112)

1年と10日間で矯正歯科治療終了した抜歯症例の患者さんの治療前後

「矯正装置は美しい!」
「歯ならびが美しくなるのはとてもうれしい!」
「噛み合わせがいいとストレスなくとても健康!」

・・・でも
矯正歯科治療中
ブレースをつけていることは決して
快適ではありません

だからこそ私たち医療サイドも一日でも早い
治療を心がけています

「本日のディブレースー第二号」

・・・は
治療期間=正確に1年と10日間で
矯正歯科治療を終了した
抜歯症例の患者さんです

患者NHさんは
初診時年齢13歳の女性
歯ならび噛み合わせが悪い事を
気にして来院されました

診断の結果
上下左右第一小臼歯を抜歯して
エッジワイズ装置により
矯正歯科動的治療をおこないました

それほど難症例ではなかったのですが
治療・栄養(ミネラル)補給・習癖訓練
いずれに対しても
最高の協力をいただきましたので
このような短期間で
治療を終了することができました

1年と10日間で矯正歯科治療終了した抜歯症例の患者さんの治療前後のレントゲン

写真の患者さんの矯正治療後のレントゲン写真 抜歯したすき間も完全に閉鎖され ルートパラレリング=歯の根の平行性の獲得も達成され 歯根・歯槽骨いずれも問題ない

矯正歯科治療は
急ぎすぎてはいけないと
教育されます

しかし
ジグリング=いったりきたり
ラウンドトリップ=
クイズ番組でホノルル空港で
問題に応えられなかった罰として
そのまま成田空港に逆戻り

・・・みたいな
矯正治療もまたダメです

大船から通院されている
NAさん
同じ会社にもう5年も
矯正歯科装置をいれっぱなしにされて
歯が動くよすがとて見えない方が
「早く治っていいわね・・・」
とうらやまれるそうです

取り外しの装置を使った
成長期における骨格性不正に対する
整形療法などで
5年以上の長い治療期間がかかる患者さんは
当院にも存在しますが

必要以上に長い
矯正治療は
歯根吸収=歯の根が溶ける
歯槽骨吸収=骨がちびる
などの危険性が増大します

朝のワイドショウに
出演された
医科の外科学会長である
東大理三膵・胆・肝外科
幕内教授が
「外科はアートだからね
誰がやっても同じようにはゆかんよ・・・」
の言葉のとおり
きちんと教育され
臨床経験を積み
倫理観をもった
専門医を受診されることを
お勧めします


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正
カマクラデントフェイシャルオーソピディクス
鎌倉市小町1-5-21森ビル3F
call : 0467-22-6702
E-mail : dentfaco@air.linkclub.or.jp
URL : http://www.dentfaco.com
院長:歯科矯正専門医 山本一宏
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会認定医
日本矯正歯科協会(JIO)正会員
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定医
American Dental Association,
American Association of Orthodontists &
World Federation of Orthodontists, Member




Posted by dendroboim at 20:53:29 | from category: 本日のディブレース | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)