October 30, 2006

「クラス・スリー不正咬合」


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正の Blog
カマクラデントフェイシャルオ−ソピディクス山本歯科・矯正
院長 : 矯正歯科認定専門医 : 山本一宏の ブログ 30)

Prof. TM Graber 紹介の Mr. David の診療風景
写真は,現在 World Federation のトップ,
Prof. Tom Graber の紹介で来院した
David の診療風景.

矯正歯科の歴史は,Edward H. Angleが
1900年にセントルイスに
あらゆる大学から独立して矯正歯科の学校を
設立した時点でスタ−トしたといわれる.

「アングルの分類」

元祖矯正歯科医エドワード・アングル先生

アングルは上顎第一大臼歯をKeyToOcclusion
=咬合の鍵とし
上の手前の山が,下の中央の溝に噛みこむものを
一級と定義した.

下がひと山奥に行くと2級(下顎遠心咬合).
下がひと山手前に来ると3級(下顎近心咬合).

前歯如何に拘らずの分類なので,
例外はあるものの,
2級はほぼ出っ歯.
3級は受け口とみてほぼ間違いない.

David は Caucasian にはめずらしく
クラススリー.


本来長頭型の Caucasian は,
上顎前突が多く,
下顎前突はとっても少ない.
青い目で受け口の人ってあまり見た事ないでしょう?

ここだけの話だが,
だいたいにおいて矯正歯科では
先進国のアメリカではあるが,

ことクラス・スリーについては,
わたくしたちのほうが上手く治します.

先月の札幌での日韓ジョイントセミナーでも,
受け口の人が,他の不正咬合と比較して,
もっともかみごごちの悪さを訴えるといった演題がありました.

わたしたちの噛み合わせは
前にも述べたとおり,
ミューチャリー・プロテクテッド=
すなわち,奥歯が前歯を,
前歯が奥歯を保護するような
それぞれが得意分野を分担するような様式をとっております.

クラス・スリーで
前歯のガイド=Anterior guidance がなくなると,
奥歯はラフロード・4WDの世界となります.

わたしも4輪駆動車のオーナーですが,
通勤までオフロードはどうかと思います.

しっかり噛めて,
歯の長持ちの点からも,
クラス・スリー=受け口=下顎前突の
矯正歯科治療をお勧めいたします.
Posted by dendroboim at 19:13:36 | from category: 歯の意識革命 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments

Psyche:

こんにちは
お元気でご活躍のようですね。
何よりとお喜び申し上げます。
お写真拝見して懐かしいです。
ちっともお変わりになりませんね。
(August 29, 2007 01:30:15)
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)