May 14, 2011

「成人男性の骨格性上顎前突の矯正歯科治療」


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正の blog
カマクラデントフェイシャルオ−ソピディクス山本歯科・矯正
院長 : 矯正歯科認定専門医 : 山本一宏の ブログ 194)

今回紹介させていただく症例は
「成人男性の骨格性上顎前突の矯正歯科治療」です

初診時37歳6ヶ月の K.Y. さんの職業は物理学者
あらためてゆっくりと
昨今の量子物理学の話題など聴かせていただきたいですね?

「矯正歯科症例=成人男性の骨格性上顎前突の矯正歯科治療前」

初診時オーバージェット 9mm
左側アングル フルクラスII
しかも左上5番目は銀歯のクラウン
上下歯列に叢生=デコボコがみられます

矯正歯科を確実に精巧に導くためには
4を抜歯としたいところだが
一生涯の咬合の事を考えると
やはり抜歯すべきは5
アンカレッジ=固定源の確保には細心の注意が必要となる
つまり奥が前にスリップしてしまうと
前歯の後方移動が困難となるということ

95

元来戦闘用にできている男性の骨格と
上に述べた悪条件から
5年6ヶ月に及ぶ矯正歯科動的治療期間がかかってしまったが
患者さんは至ってご満足の風

初診時 9mm あったオーバージェットは 2.5mm に変化しました
上下の叢生=デコボコもまっすぐになりました

治療前後のセファロ・レントゲンの重ね合わせ

治療前後のセファロ・レントゲンの重ね合わせです
治療前=黒と比較して
治療後=赤では歯一本分以上の前歯の後方移動と
それに伴う唇のきりりとした美しさが備わった事が見て取れます

よくがんばられました!
おめでとうございます!


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正
カマクラデントフェイシャルオーソピディクス
鎌倉市小町1-5-21森ビル3F
call : 0467-22-6702
E-mail : posthorn@dentfaco.jp
URL : http://.dentfaco.jp
院長:歯科矯正専門医 山本一宏
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会認定医
日本矯正歯科協会(JIO)正会員
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)認定医
American Dental Association,
American Association of Orthodontists &
World Federation of Orthodontists, Member


Posted by dendroboim at 16:42:45 | from category: 本日のディブレース | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)