December 01, 2006

「バリが好き2)」


矯正歯科 : 鎌倉 dentfaco 山本歯科・矯正の blog
カマクラデントフェイシャルオ−ソピディクス山本歯科・矯正
院長 : 矯正歯科認定専門医 : 山本一宏の ブログ 62)

数年前の誕生日に息子に送った詩です.

父は曰うーーー

 泥濘の中より立つ
 薄紅の蓮の葩のように生きよと

 父は語る 世の九割は過ちであると
 しかし 一割は真実であると
 さらに語る それを知ることを知育と
 たった一割でしかない真実を大切にすることを徳育と
 過ちである九割を生き抜くことを学ぶことを
 体育と称よぶ事を

 父は曰うーーー

 海岸段丘の巌を割って咲く百合のように生きよと

バリ島に咲く蓮の花

「バリが好き 2)」

バリのカレンダー
ウク暦では
先月29日がガルンガン
今月9日のクニンガンまで
言わば日本のお盆に当たる
時期で
もともと原色の島は
宗教色一色に塗りつぶされます

バリ島にゆくと
まず
ひとの笑顔に
驚かされます

老いも若きも
年齢も問わず
「スラマ パギ(おはよう)!!」
と声をかければ
満面の笑みで応えてくれます

日本に戻ると
街ゆく人たちは
とても無表情

なかには
苦虫をかみつぶしたようなひとまで・・・

宗教観の違いからでしょうか?
こどもに夢を与えない
教育のせいでしょうか?

神様がいるかいないかは
知りませんし
どっちでもよいですが

宗教観が
ひとの心の豊かさに及ぼす影響は
見逃せない問題です



18:39:28 | dendroboim | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks